野沢温泉スキー場にて行われたJAPAN Jr. FREESKI OPENにて
またまた、スミスフリースキージュニアチームが活躍してくれました。
今回は、鈴木冬偉(トーイ)と山本泰成(タイセー)が参戦。
初日のスロープスタイルでは
ジブ→ジブ→キッカー→キッカー の4セクションをキッチリ攻めきったみたいです。
ジュニアの大会という事で、そこまで大きなセクションは無く、綺麗にまとめたルーティンが
求められた中、2人のルーティンは
たいせー  ケーフェット→270in270out→Lコーク900 →Rスイッチミスティー900
トーイ  270out→270out→スイッチロデオ540 →コーク720
と完璧にまとめ、タイセーが優勝・トーイが3位になりました。
翌日のハーフパイプでも、同じくかなり小さめなRで技を繰り出すのが難しい中
2人ともキッチリと自分のランを決めてくれました。
タイセー フレア→L540→R540→アーリーフラット540
トーイ テールグラブ→Rアーリー180→Lアーリー180→L540→R540
タイセーは高さを重視し、4ヒットで全てスピン&3Dを決めて圧巻の優勝。
トーイはヒット数を増やして安定感のあるスピンを両方向で綺麗に決めて3位と、持ち前の完成度が光りました。
タイセーはスロープスタイルとハーフパイプを合わせて総合優勝!!
!cid_20A992B7-FFFC-4F2C-9015-C1F2334B6757
今シーズン絶好調のジュニアチームの2人!
コレからの2人の活躍がますます楽しみです♪
藤田サイモン


SMITH Brand Video
SMITHは今年で50周年を迎えます。そして今私たちは次の50年に向けてスタートを切ったばかりです。この50年の記念に制作したブランド・ビデオのリンクが下記にあります。是非チェックしてシェアしていただきたいです!

About Smith.
SMITHについて
SMITH社は、1965年に世界初となるダブルレンズと空気の抜けるフォーム素材をスノーゴーグルに採用しアイダホ州・サンバレーで設立されました。50年の間、業界のリーダーとしてアウトドアの楽しさを追求するための、アイウェアやヘルメットに革新をもたらしました。
SMITHはこれからもスノー、サーフィン、バイク、フィッシングそしてアウトドアを愛する人々の個性とパフォーマンスを支え、スリリングで楽しい経験を提供できるような技術を追求します。私たちにとってアウトドアを楽しむことが全てです。



小野塚選手から大会レポートが届きました。
W杯最終戦が終了し、試合は2位、そして年間総合優勝を獲得いたしました。
これはモーグルの上村愛子さん以来のクリスタルだそうです。
予選は1位で通過し、決勝では直前に完成した新しいルーティーンを試すことができましたが
優勝には及ばず、試合自体は非常に悔しい結果となってしまいました。
しかし、今シーズン掲げた、X-Gamesでのメダル、W杯年間総合優勝は有言実行できたことを嬉しく思います。
また、5試合すべてにおいて表彰台をキープできたことは自身にも繋がりました。
これも皆様の温かいご支援、応援があったからこそ実現できたと思っております。
今後はティーニュに残り試合形式のイベントに参加し、その後帰国致します。
また、4月からはアメリカでのトレーニングを再開しようと思っております。
シーズンの試合終了とともに、来シーズンのトレーニングがスタート致します。
また皆様に良いご報告ができるよう、より一層の努力を重ねていきたいと思っておりますので
今後ともご支援、応援の程よろしくお願い致します。
 !cid_8331875B07764F8C8C5EEB9F40765FE3@kazPC!cid_6351E2A1B9DC46E7996A44E6107E1413@kazPC
画像FIS

ライダー 藤田サイモンより 久御山ジャパンオープンのレポートが来ました!

組山ジャパンオープンは、神立高原スキー場で今シーズンから始まった
FISポイントが付く国内最高峰のフリースキースロープスタイルのコンテストです。
スミスチームからは男子女子合わせて7名のトップライダーが参戦。

僕はコーチとしての参加させてもらいました。

まずはスミスチームのリザルトから

男子FIS部門 優勝 佐々木玄(19歳) 5位 高橋佳汰(17歳)

女子FIS部門 準優勝 岡令子

男子OPEN部門 優勝 山本泰成(13歳) 準優勝 鈴木冬偉(16歳)

女子OPEN部門 優勝 古賀ゆうな(12歳)

とスミスチームは大活躍でした。

男子FIS部門で優勝した佐々木玄(19)は、
Left900テールからSWdubRODEO900とエアをつなぎ、キャノンレールでRodeo450outからフラットダウンボックスに
sw270inスイッチアップ 270outと難易度・完成度ともに完璧なルーティンを決め圧巻の優勝でした。

男子OPENを優勝した山本泰成(13)は、Leftcork720テールから、Dubcork1080ミュート、キャノンレールで630out、
フラットダウンボックスにスイッチinスイッチアップとFIS部門でも表彰台に上がれるレベルのライディングを見せてくれました。
山本は来年からFIS部門に出れる年齢になるので、FISレースでの活躍が期待出来ます!

女子OPEN優勝の古賀ゆうな(12)は、ビッグキッカーで男子顔負けの720を決めキャノンBOXで270out、
ナローボックスでスイッチin270outとランをまとめて見事優勝しました。

フリースキーのスロープスタイルは世界的に見ても若年層の活躍目立っていますが
スミスチームにも、オリンピックやWカップでの活躍を目指す非常に有望な若手が沢山居ます!
コレからも彼らの活躍を応援してあげてください。

!cid_7BD67BE8-E8D8-4566-8A9E-A90A34B8DB15

藤田サイモン


2/21(土)、22(日)に丸沼高原スキー場にて
カービングバトルが開催されました。

参加者は、昨年を大幅に越える164名のエントリー

天候によりオープンクラスフリーライディング種目はキャンセルと
なってしまいましたが、以外は予定通り開催するされました。
同大会で SMITHライダーが活躍しました!

カービングバトル 丸沼高原
エキスパートフリースタイル男子
優勝 黒木誠
5位  平間和徳
6位  新野裕幸

エキスパートフリースタイル女子
優勝 宮崎郁美

エキスパートアルペン男子
3位 黒木誠

リザルトの詳細はこちら
エキスパートフリー男子
エキスパートフリー女子
エキスパートアルペン男子